会社概要
弊社の株主提案が可決した場合に、弊社が想定する極東貿易の株価水準
4,000円以上(※)
※配当利回りをベースに試算、計算の詳細は“株主提案について”をご参照下さい。

2019年6月株主総会について

弊社は極東貿易の株主総会に出席し、株主総会の場で発言をしてまいりました。
詳細はこちらをご覧ください。

以下は、発言要旨のポイントです。


  • 新中期経営計画が発表されても株価にはほとんど影響がなかった。今からでも新中期経営計画を修正してほしい。このままでは計画を達成しても株価は上がらない。経営陣が独善的に作った計画で株主の利益が考えられていない。

  • 新中期経営計画は具体性に欠けている。現在、ROE5%台の当社が、具体的にどのようにして8%のROEを達成するのか。

  • 新中期経営計画の5年後のROEの目標は8%となっている。5年後に8%では、結果として5年経ってもPBRは1倍を割れているだろう。我々の計算では、当社の株主資本コストは8%を超えている。

  • なぜ当社の株価の評価が低いのか、当社は過大な現金類似物を持ち、自己資本を積み上げ、結果として資本効率性が低くなるから、ということだ。

  • 経営陣はこんなに株価が下がっているのに給与と賞与をもらっている。我々株主はわずかな配当と評価の下落を受け取るだけだ。よく考えてほしい。取締役は株主に選ばれている。有権者(主権者)の利益のために行動することが取締役の義務である。

  • 我々は、当社の発行済株式の約17%を保有する株主である。当社の筆頭株主であり、当社の株主価値の向上について、一番真剣に考えていると自負している。当社経営陣は、その我々の意見を何故聞き入れてくれないのか、非常に不思議である。我々が申し上げていることをもっと信用し、採用してほしい。

  • 株主提案をした目的は、当社の低い株価のバリュエーションを改善することだ。当社経営陣は、株主提案だから反対するのではなく、当社の問題点を考えてほしい。

    • 株式会社ストラテジックキャピタル
     
    PAGE TOP